スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅前グルメの歩き方

地方食ぶらり旅 駅前グルメの歩き方 (KCデラックス)地方食ぶらり旅 駅前グルメの歩き方 (KCデラックス)
(2011/05/23)
森田 信吾

商品詳細を見る

郷土料理とは違い、地元の人々が日常的に食しているもの、「常食」。
作家の花房徹は取材に訪れた地で常食とそこで過ごしている人々のドラマを求めていく。
駅前グルメ2

現代は流通が発達しているので郷土料理のお取り寄せなんてお手軽なもんです。
しかしそうではない、その場でしか食べることが出来ない
懐かしいようなB級グルメを掲載しております。

駅前グルメ
ローメン。焼そばを蒸したような料理でソースとお酢をお好みでかけて食べるそうです。
一発目からマニアックなメニューです。が、食べてみたい!
お腹が空く一冊となっております。

それにしてもB級グルメブームは衰えることはないですね。
本作品はB-1グランプリ(B級ご当地グルメの祭典)より
かなり前に発行されていたというのが凄いところです。

この度復刊されたようなのでB級グルメがお好きな方は是非。
漫画のタッチや内容はやや大人よりの渋めの内容になっている一冊です。
スポンサーサイト

新説!さかもっちゃん

新説!さかもっちゃん 1 (愛蔵版コミックス)新説!さかもっちゃん 1 (愛蔵版コミックス)
(2010/07/16)
柳内 大樹

商品詳細を見る

坂本龍馬の日々や成し得た偉業をパロディの軽いノリ、
そして二頭身の可愛いキャラと、リアルで繊細な描写を交互に織り交ぜて送るギャグ漫画。
さかもっちゃん1

相当絵がお上手ですこの作者さん。
それがチビキャラとのギャップを大きくしており面白さに拍車をかけております。
さかもっちゃん2

結果は史実通りに描かれているのですが、その理由や道筋が大きく異なるので
龍馬の生涯を知っている方が読むとが面白さ倍増かも。
お~い!竜馬」の竜馬もいいですが、新説の勢いで生きているこんな龍馬もいいなあ。

登場するのはみんな愛すべきキャラばかりなので、
ややこしい歴史の闇という部分の描写も暗くならず
とにかくニヤニヤしながら読んでしまう作品です。

サユリ

サユリ 1 (バーズコミックス)サユリ 1 (バーズコミックス)
(2010/09/24)
押切 蓮介

商品詳細を見る

主人公の神木則雄。中学生。
父の念願のマイホーム購入で中古だが広い一軒家に引っ越してくる。
家族構成は父、母、高校生の姉、小学生の弟、そして祖父と痴呆気味の祖母だ。

これからこの家で数々の思い出を作っていこうと期待していた初日。
しかし翌日父が急死する。死因は心筋梗塞だそうだがその形相は凄まじいものだった。

家族が落胆するなか、家の中では言い知れぬ恐怖がまんえいし出す。
サユリ1

ある日別のクラスの住田という女子が則雄に話しかけてくる。
普段は引かれるから言わないが、則雄から強い怨念を持った女が見えると告げる。
段々と恐怖に支配されおかしくなって行く家族を目の当たりにしている則雄は抵抗なくその言葉を信じる。

しかしその女の存在が何か分からない則雄。
怯える弟と一緒の部屋で寝ていると、夜中に弟は姿を消しそのまま行方不明に。
祖父も急に倒れ、心不全で急死してしまう。

心配して則雄の家を訪れた住田だが、則雄の行方不明になった弟の、
恐怖のどん底にいる念をキャッチしてしまい「私には何も出来ない」と諦めの言葉を残す。

そして姉は舌を噛み切り自殺。母は「疲れた」と首つり自殺をする。
絶望の奈落の底にいる則雄には正体の知れない女の高笑いが聞こえていた・・・。
サユリ2

ホラーでいえば珍しい設定ではありません。家とそこに残った怨念。
だけどストーリーに引きこまれてしまうのが押切クオリティ。
1巻は怨念にやられっぱなしな訳ですが、2巻からは生きる為に恐怖の存在への対抗が開始します。

押切先生は幽霊を信じていないらしいのですが、2巻はそんな彼が考える怨霊への対処法なんでしょう。
「祓って済ませるつもりはねえ」「やられ損でいいんか」。
というセリフが出てくるのですが悪霊とは言え元は人間。
結局は人と人。そこに存在する強い思いが伝わって来ます。
こういう真の強いキャラが魅力的で押切漫画は止められません。
全2巻なので是非手に取ってみてください。

悪魔のお店

悪魔のお店 (ソノラマコミック文庫)悪魔のお店 (ソノラマコミック文庫)
(2004/02)
大橋 薫

商品詳細を見る

悪魔のお店

眼鏡の長髪男性、シャドーと西洋風の少女マリア。
二人は質屋「影の店」を経営しているが、そのお店は普通の質屋とは価値観が違う。
怨念がこもっている商品程高値で買ってもらえるのだ。

特殊な店だとは知らず、母親の指輪をも持ち出して現金に換えようとし店を訪れた恵子。
しかしシャドーは母のダイヤの指輪より、恵子のしているおもちゃの指輪に興味を示す。
「その指輪に執着を感じる」と。もちろん恵子はおもちゃの指輪を売ることなく店を出る。

実は恵子はいじめられていたのだ。いじめをしていたグループはお揃いの指輪を恵子に買わせ、
この指輪は友達の証だからもういじめはしない、その代わりに
お金を持ってこいと恵子を強請っていたのだ。
悪魔のお店1

二度といじめに合いたくない恵子は言われるままに万引きをして捕まってしまう。
幼馴染のトモが心配するもまったく聞く耳を持たない恵子。

ある日、苛めグループに援助交際をさせられそうになって「友情の証の指輪」に
意味がないことに気が付く恵子。
苛めっ子の元を訪れ友情を確認するも、友達と思っているのは恵子だけだと馬鹿にされてしまう。
恵子は友情を得る為には指輪だけではダメだと思い込む。
そして指輪をはめる為の指こそが必要だと思い込んでしまい・・・。
悪魔のお店2
~「友情の指輪」より~

商品を売るというパターンはよく見ますが、買い取るというのは珍しいかもしれません。
シャドーとマリア、恐らく二人は悪魔的な存在で怨念というパワーのこもったアイテムを
集めているのでしょうが作中でその理由は明かされません。

人間のドロドロした思いが1話読切形式で描かれているのですが、
ただそれが軽すぎず重すぎずなので非常に読みやすい一冊となっています。

マリアが中年女性の客に対して「私の方が年上なのに」と言っているのですが
一見子供に見えるキャラが実は歳をくっているという設定、ありがちだけど好きです。

途中でシャドーとマリアが医者と看護婦という設定になっているストーリーなんかもあるのですが
番外編という感じで違和感なく読めました。

ペナントレース やまだたいちの奇蹟

ペナントレースやまだたいちの奇蹟 1 (ジャンプコミックス)ペナントレースやまだたいちの奇蹟 1 (ジャンプコミックス)
(1991/11)
こせき こうじ

商品詳細を見る

万年最下位の野球チームアストロズ。
その球団に入り、優勝させることを夢見ている高校生山田太一。
太一は双子の弟の泰二と、アストロズの元選手で現在監督の三原と
幼少期に「三人でアストロズの黄金期を築こう!」と約束したことがあったのだ。
山田太一1

太一は野球も勉強もまるでダメ。
その逆に弟泰二は「ジャイアンツ以外には入団しない」と豪語する
凄腕のピッチャーだ。

しかしアストロズの入団テストに訪れる太一。
太一にはプロは無理だと分からせる為に付き添いで付いてきた泰二。

案の定50メートル走のタイムや遠投などのテストを突破出来ない太一だが
諦めることはなく何度も挑戦を申しで、バテるどころか少しずつだが記録を伸ばしていく。

そして成り行きで自分の投げる球を太一が打てたら兄弟二人でアストロズに
入団するという賭けを三原監督とすることになってしまった泰二。

結果は三原監督の勝ち。
まるでダメと思われていた太一は何とホームラン級のヒットを放ったのだ。

兄弟でアストロズに入団が決定した二人。
野球界の排泄物といわれるチームに奇蹟を起こしていく!
山田太一2

野球漫画といっても試合なんかは結構端折られていて美味しいところだけうまく
見せてくれるので飽きがきません。
現に野球やスポーツ全般に疎い私でも結構熱くなって読めました。

太一は作中で小学生並と言われていますがいやいや、幼稚園児並です。
彼のセリフはほとんどが平仮名という幼稚っぷり!
それこそがこの漫画を面白くしている要因の一つだと思います。
非道い扱いなのにニコニコしてる太一がいじらしくて可愛い!
山田太一3
「大丈夫かこの子・・・?」と色んな意味で心配する読者を余所に大きな成長を遂げていく太一。
その軌跡、そして期待に応えてくれる奇跡は読んでいて気持ちがいいです。
野球漫画が余り好きではない方にもオススメの作品です。
プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。