スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の左手 悪魔の右手

神の左手悪魔の右手 (1) (小学館文庫)神の左手悪魔の右手 (1) (小学館文庫)
(1997/01)
楳図 かずお

商品詳細を見る

人の悪意を夢で見ることができる主人公・想。

そして想が消しゴムで作った守護霊ぬーめらうーめら。
実際に想の中に存在し、正しき者を蘇らせる左手と
悪しき者を滅ぼす右手を持つ。

事件を解決しようと奔走する想のお話。

そんな中で、個人的に好きなのは映画にもなった「黒い絵本」。
足の悪い娘・ももちゃんの為に自作絵本を作ってあげる優しいパパ。
最初から絵本の内容はいっちゃってますが・・・。
神の左手1

絵本のネタの為、実際に殺人を繰り返すという芸術家肌!
かなりの写実派です。
神の左手4

異変を感じたももちゃんの恐怖心に想がシンクロして話は進んでいきます。


というようなスプラッタ色の強い漫画です。ただのスプラッタじゃなく、
登場人物達の狂気の方がむしろ怖いというコンボ作品です。

子供の頃本屋で立ち読みし、何?この気持ち悪い漫画・・・と思っていました。
作者も題名も知らないまま月日は流れ、楳図かずおさんに興味を持ち、
タイトルとその発想のセンスの良さに惹かれて購入!

で、うわあ・・・これ見たことある・・・と。
むしろ大人になって冷静に見た方が凄みを感じる・・・。
神の左手3

十数年前の立ち読みが記憶に残る程、インパクトのある作品です。

もっと色んな悪意のパターンと、想の手の活躍が見たかったので、
もうちょっと連載が続けばよかったのになー。

ぬーめらうーめらが何故存在するのかも知りたいと思うのは野暮ですかね。
スポンサーサイト
プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。