スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星守る犬

星守る犬星守る犬
(2009/07)
村上 たかし

商品詳細を見る

一人の男性と一匹の犬の死体が発見されるところから物語は始まる。

娘のみくちゃんがある日一匹の犬を拾ってくる。名前をハッピーとつけ、幸せな毎日を送る。
散歩はお父さんの仕事。家ではあまり話さないお父さんは散歩中ハッピーに色々と語りかける。

言葉の少ないお父さんはお母さんにとっては「親身になってくれない人」。
相談しても気のない返事ばかり。

月日が流れみくちゃんも大人になり、お父さんはお母さんから離婚を切り出される。
リストラされ、心臓に病気のあるあなたを支える自身がない、と。

離婚が決まり、マンションを引き払い財産もほとんどお母さんのものになって
数少ない自分の所有物を車に積めて、ハッピーと全国を回る旅にでることにしたお父さん。

道中で虐待されているらしい子供に手を差し伸べるも、財布を盗られてしまい、所持金はゼロ。
それでも誰かに頼ろうともせず、ラッキーと何となくなんとかやっていこうとするお父さん。
純粋に疑うこともなくお父さんのそばにいるラッキー。
星守る犬1

一人と一匹が命を失うまでの旅のお話です。

ラッキーの前では素直な不器用なお父さんと、
何があっても無条件にお父さんを慕っているラッキー。
星守る犬2

もうね。最初から落ちが分かっている訳ですから。
1ページ目で泣かされた漫画ってこれが初めてですよ。

二人とも死んでしまうのですが、バッドエンドではないと私は感じます。
死んでなお飼い主を慕うラッキーの無垢さに号泣しました。

余り犬に興味がない方にはそうでもない作品なのかもしれませんが
犬を飼ったことがある方や犬好きな方には涙腺が崩壊ものです。

星守る犬とは「犬がもの欲しそうに星を見続けている姿から、
手に入らないものを求める人のことを指す」という意味だそうですが、
二人はお互いの存在があったからこそ、かけがいのないものを手に入れていたではと思います。

この度映画化されることになりましたね。実写版ラッキー、想像よりでっかかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。