スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気の底

空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)
(1995/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る

戦争にかこつけて非道の限りをつくしていたレーバー中尉。
それが原因で銃殺刑が決定。しかしこれから処刑されると言うのに余裕の表情だ。
彼には切り札があった。
空気の底

レーバー中尉は過去に、ある薬の在り処をはかせる為に老人を拷問していた。
しかし長期の拷問にもまったく屈しず、体力の衰えも感じられない老人。

その薬とは、飲めば時間が通常の何倍もゆっくりと過ぎるという「時間延長剤」。
実は老人はバンソウコウに時間延長剤を染み込ませており、拷問の隙を見ては摂取し、
実際には僅かな時間でも、ゆっくり流れる薬の作用で十分な睡眠を取っていた為
体力の衰えがほとんどなかったのだ。
空気の底2

それに気付いたレーバー中尉はバンソウコウを奪い、老人は死に追いやられてしまう。
「この薬はきさまたちには使えん、使ってもむだだ」と捨て台詞を残して。

そしてレーバー中尉の処刑が決行される。
彼が死を目前にしても余裕だったのは、時間延長剤が染み込んだ
バンソウコウを身につけて処刑に臨んでいたからだった。
時間がゆっくり流れている間に逃げてしまおうというのがレーバー中尉の作戦だ。

時間延長剤のお陰で周りがスローモーションのようになる。
さて、ゆっくり逃亡でもしようかと行動に移すレーバー中尉。
空気の底3

しかしそこには大きな誤算があった・・・。
~「処刑は3時に終わった」より~

ザ・クレーターの大人版でも言いましょうか。様々な人間ドラマが集まった一冊です。
舞台は西部から宇宙まで、また幅が広くなっています。

ザ・クレーターとの違いは基本的に後味の悪い作品がほとんどという点です。
ハッピーエンドと言える何作かも、決して明るい作風ではありません。

そんな作品集の魅力とは?
他人の不幸でもダラダラ続いたらしんどいんですよ。
なのでこのページ数で様々な物語を見せてくれる(「覗かせてくれる」って表現の方が近いかな)
っていうのが調度いいバランスを保っていて目が離せません。

スパっとストーリーが終わるので、その後を読者に想像させる落ちというか、
明確にしない良さみたいなのが出ている作品が多いというのも魅力の一つです。
手塚先生が得意な終わらせ方ですよね。

今回「レーバー中尉」って名称がゲシュタルト崩壊起こしました。
私が連呼しすぎなのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。