スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チム・チム・チェリー!

チム・チム・チェリー 1 (講談社コミックスるんるん)チム・チム・チェリー 1 (講談社コミックスるんるん)
(1994/08)
あゆみ ゆい

商品詳細を見る

今からちょこっとだけ昔。女王さまのいる国のお話。
主人公のチェリーはまだコドモだけれども、「よい子を育てる」がモットーの
ナニー(乳母のこと)の名門一族の端くれ。

そんなチェリーが初しごとの為、マクレガー家を訪れた!

チェリーと同い年くらいのドライで読書好きな美少年ロビン。
その妹、好奇心大盛な双子のリズとメグ。
そして末っ子の赤ちゃんロッテ。

不思議な力を持ったチェリーが夢を与えながら
子供達と共にナニーとして成長していく物語。

子供の頃読んだ少女漫画が読みたくなる症候群継続中。
本作はかなりメルヘンなストーリーでチェリーは世界童話百貨から
様々なお伽噺アイテムを出し不思議な体験をさせてくれます。
チムチムチェリー1
この大きな童話集を出すシーンが子供の頃から大好きでした。

ジャックと豆の木の豆の大木を登って空の上でティーパーティーをしたり
一人で淋しいピーターパンに友達を作ってあげたり
普段は目に見えない妖精を子供達に見せてあげたり
アリスの白ウサギを追っかけてナゾナゾをしたり
ユニコーンの背中に乗って星のカケラを食べてみたり、と書ききれないのですが・・・
なんてメルヘンで可愛い世界なんだ!

マクレガー家にきてチェリーとロビンが紅茶の入れ方で討論しているので
舞台はイギリスなのでしょうが、かなりいい雰囲気出てます。
何と言っても毎回違うチェリーの衣装が可愛い!
チムチムチェリー2
ゴテゴテしてなくて女の子らしくて品がいいです。

巻末に日本が舞台の読切り作品が収録されていたのですが
この作者さん、海外モノの方がセンスいいです。
そんな作者の素敵な感性が全面に出た一冊です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。