スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女囚霊

女囚霊 塀の中の殺戮ゲーム (ビッグコミックススペシャル)女囚霊 塀の中の殺戮ゲーム (ビッグコミックススペシャル)
(2010/08/30)
加藤 山羊

商品詳細を見る

東北のとある女子刑務所。
主人公の美山は懲役を受け刑務所で生活しているが
自身を無実だと主張し、犯罪者は大嫌いだと言う。
聡明な美山は議員秘書をしていた。その議員は恩人なので
彼の汚職の罪を被ることを引き受ける美山。
しかし議員は美山を見捨て身元引受人を拒んだので、実刑をくらいここにいるという訳だ。

同じ雑居房で生活するのは介護に疲れ殺人を犯した町田・
覚せい剤で捕まった金子・そして近藤の4人。

気の強い金子がこの刑務所にある一つの噂を話す。
懲罰房の一室に「審判房」と言呼ばれている部屋がある。
20年近く前に一人の女囚が同じ房の人々にリンチを受け死亡してしまったそうだ。
それ以来、審判房には異常に右腕が長い女囚が現れ
そこに入った囚人は彼女に殺されてしまうらしい。
女囚霊1

だが悪くない人間は殺されることがないので「審判房」と呼ばれているのだ。
刑務所に悪くない人間などいるのかと問う美山。
そして殺人犯は助からないだろうと町田をなじる金子。
カッとなった町田は金子に手を上げ「審判房」に入ることになってしまう。

そして町田は見ことになる。異常に右腕の長い女囚を。
しかし死ぬこともなく懲罰房から出てきた町田。が、彼女の様子がおかしい。
異常に右腕が長くなっており、性格も依然と変わり気味が悪い。
実はもう一つ噂があり、本当にやばいのは「審判房」から死なずに出てきた場合だそうなのだ。
審判房から生きて出た者は女囚の霊と同じく、悪人を裁く側になるという。
女囚霊2

自分達が制裁を加えられるのかと怯える金子と近藤。
冷静な美山だが、町田が「青木多津絵」という新興宗教の幹部の名前を出したことで
女囚の霊の存在には何かカラクリがあるのではないかと興味を持ち始める。
女囚霊3

ストーリーはホラーからミステリーへ。そしてホラーへと回帰し目が離せません。
面白くて噛みしめてじっくり読んでしまいました。
単に女囚霊っていう貞子とか伽椰子みたいな最凶女幽霊が
次々に人殺ししていく話かと思ったら大間違いでした!
自分の罪を正当化したくなる弱みや屈折した心。それを逆手に取った、仕組まれた事の真相。
そこに辿り着くまでの登場人物の足掻きや心情などにとても引き込まれます。

絵にも非常に味があり怖さを増長させています。
この癖のあるタッチだからこそこの漫画の良さが倍増してるかと。
本作品は女性二人の(しかも子持ちの)作品っていうのにビックリです!
男性が描いてるかと思ってました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。