スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにいさまへ・・・

おにいさまへ… 1 (中公文庫 コミック版 い 1-43)おにいさまへ… 1 (中公文庫 コミック版 い 1-43)
(2002/05)
池田 理代子

商品詳細を見る

中学の進学教室で講師のバイトをしていた大学生の辺見武彦。
そんな彼に憧れるのが主人公・御苑生奈々子。
実は二人は血の繋がらない兄妹なのだが、奈々子はその事実を知らず
淡い恋心を抱いた彼女は武彦に「おにいさまになってくれ」と頼み、二人の文通が始まる。

中学卒業後、奈々子は名門女子高・青蘭学園に進学する。
青蘭学園には「ソロリティ」という社交グループがあり
それは容姿・財力・学力・人柄・健康状態などが優れた生徒のみが
上級生のソロリティメンバーに審査されやっと入会出来るという
一握りの選ばれた者のみしか入れない狭き門だ。

新生活に胸を膨らませ、おにいさまこと武彦にに嬉々として手紙を書く奈々子だが
平凡な彼女がソロリティに推薦され、入会したことで事態は変わる。

秀でたものがない奈々子が何故?!と妬みと疑惑の眼差しが向けられ
クラスメイトから嫌がらせの数々を受ける日々。
お兄様1
選民意識が強くプライドが凝り固まったソロリティにも馴染めない。
それでも流されす、負けないように葛藤しながら頑張る奈々子。
そんな彼女は今日も手紙に思いをしたためる。
おにいさまへ・・・と。
女の園で起こる一見して美しいが、その裏に潜む心の深淵を描いた学園ドラマ。

インパクトのあるタイトルです。
本作品は人間関係がややこしく絡まっており、文字じゃ説明しきれん!
ということで以下が関係図です。
お兄様2

ややこしい・・・。
ストーリーの要となる重要な関係が明かされるまで、結構引っ張られるので
把握するまでが??となったりしました。

家柄だけではなく血統にまでもこだわったり、昼ドラ顔負けの展開を繰り広げる作品なのですが
さすがの池田先生。いくら泥沼でも耽美です。麗しい!
この方の描くスラっとした貧乳モデル体型が個人的に相当好きなのですが
中性的な美女が二人も出てきており、余すところなくかっこよさを見せつけてくれます。
決して明るい作品ではないですが、とっても華やかなのが池田先生の作る世界の凄さです。

病んでる登場人物が目立つ中、主人公の奈々子はまさに都会に咲いた一輪の花。
いい子で、いい子過ぎて、ラストにかけてはむしろ主役奪われてる勢いです。
少女漫画ですがシビアな展開で、ベルバラもそうだったように
後味が悪いとまではいかないけど切ないラストを迎える作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。