スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレン

サイレン (ヤングサンデーコミックス)サイレン (ヤングサンデーコミックス)
(2006/02/03)
万乗 大智

商品詳細を見る

1990年、夜魅島。
一日で島の住人が忽然と消えるという事件が起こる。
島中の電灯が全て壊され、サイレンのようなものが鳴り響いていた。

その時の唯一の生存者が当時は赤ん坊だった主人公・天本由貴だ。
由貴は毎晩悪夢にうなされていた。夢の中で化け物に追いかけられる中、
「ここには来るな、逃げろ」という由貴を思う声がいつも聞こえていた。
サイレン

夢の謎を解くべく、生まれた夜魅島へ民俗学教授の土田圭と再び訪れる由貴。
土田の後を追い、オカルト番組のうるさいレポーター・三上里美とカメラマンも島へ足を運ぶ。
島には異様な、灯台のような巨大な建物が建っていた。それを見て何故か悪寒が走る由貴。

夜魅島には住人はおらず、開発事業部の人間と市の役人、合わせて五人が在中しているだけだ。
港から上陸すると、役場の職員らしき人物・木暮に会うが
彼は突然錯乱し、石で自分を殴打し始める。
島にいる人間が会し木暮を手当てして何とか落ち着くが、島には異様な雰囲気が漂っている。

日が暮れ、辺りが暗くなる中、突然建物が停電してしまう。
犯人は木暮。異様な風貌になってしまった彼がブレーカーを破壊していた。
そしてわらわらと現れる化け物達。彼らは極端に光を嫌う。
サイレン2
その一員になってしまった木暮も光をなくす為にブレーカーを壊したのだ。

鳴り響くサイレン。パニックになる一同。何とか島を脱出しようと行動に出る。
そして由貴は夢の中の声の主がこの島にいることを確信しする。
捕らわれの身のその人物を助けようとするのだが、
バックにいた一連の事件の核となる者は、余りにも強大な存在だった・・・。
サイレン3

今さらSIRENというゲームにハマり、ゲーム全作だけでは飽き足らず漫画も買ってみました。

知らない方に一応説明すると、ゲームはPS2でSIREN(初代作)、SIREN2、
PS3でSIREN New Translationという三作品が出ており、
廃墟を死なない人(ゾンビに非ず)に見つからないように、事の真相に辿り着いていくゲームです。

実はこの漫画ですが、SIREN三大黒歴史の一つと言われているようです・・・。
ノミネートされているのは①漫画 ②映画 ③PS3ソフトSIREN New Translationだそうです。
(私はゲームを③からプレイしたので、めちゃくちゃハマりましたし大好きですが)
そういう点を踏まえて、逆にこの作品のよかったところを挙げみます。

◆分かりやすい
本作品はSIREN2(軍艦島がモデルとなった島が舞台)を元に書かれた作品です。
といってもゲームとはかなりストーリーが異なり、設定を借りただけになっています。

ゲームのSIRENの世界はとても深く、真相を明確に語らないのでクリア後も謎が多く残ります。
(なので考察サイトなんかを見て納得の行く答えを見つけるのが非常に面白く、
それはこのゲームの魅力の一つです。)

ですがこの漫画だと一冊ですっきり終わっており、無闇に難解にしていないのは
ゲームの予備知識がない方が手にしても非常に読みやすくなっています。
実際ゲームの内容を忠実に再現してたら一巻じゃとてもまとまらないし
ここまで内容を変えたのはある意味潔いいかも。

上記の流れからの続きで
◆キャラがはっきりしている
嫌な奴は徹底的に鼻持ならん!怪しい奴はやっぱり腹に何かを抱えていた!
そしていい人は最後まで真っ直ぐ。
ちょっとネタバレですが、嫌な奴がちゃんと罰を受けるのですっきり。
後味がよくちゃんと報われるというのはゲームとは大きく異なる点です。

さらに上記の流れからの続きで
◆全年齢対象
激しくグロテスクなところもなければ暗いと言う訳でもないので
(ダークじゃなくてシリアスって感じの内容になってます)
小学生高学年とかが読んでも大丈夫かな?って感じです。
怖いの苦手な方もいけると思います。

私の正直な感想ですが、購入前にかなりシビアなレビューを見ていたので
偉そうな言い方になってしまいますが「思ったよりは悪くない」といったところです。
まあこれはこれでいいんじゃないかなって感じです。
ゲームの出来がいい分、ハードルが高くなってしまったのでしょう。
ただSIREN熱が進行中の私の現在の感想なので、もし購入を迷っている方がいたら
保証は出来ませんので一度漫喫等で目を通すのがベターかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。