スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お~い!竜馬

おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2009/10/30)
武田 鉄矢、小山 ゆう 他

商品詳細を見る

坂本竜馬の出生から暗殺されるまでの彼の魅力とその偉業を描いた衰えない名作。
竜馬1

大河が終わり龍馬ブームが落ち着きつつある今、この微妙な時期に購入するという鈍さですが
無性に読みたくなったのでゲット。

私は歴史に疎いので詳しくは分かりませんが
かなり竜馬ageの内容となっている、フィクションが多々織り混ぜられた作品なんですね。
事実とは大きく異なるエピソードも多いですが細かいことはいいんです。
面白いから!!

もうとにかく竜馬が魅力的!子供の様な柔軟さや愛嬌、人懐っこさを持ち
反対に知識や頭の回転の良さをも備え、
人を魅了する人格や包容力には登場人物達が夢中になる気持ちが分かります。
っていうか私も夢中。
あずみもそうですが、小山ゆう先生の強いけど無邪気で器のでかいキャラって素敵です。

竜馬の子供時代のエピソードが割と長く、
彼が受けたり見てきた様々な理不尽な身分差別が描写されているのですが
日本を変えよと思う根底部分でもあるその日々は引き込まれてしまうようにうまく描かれています。
これも作品の魅力の一つです。
竜馬2

それと非常にミーハーは意見で申し訳ないのですが土佐弁が可愛すぎ!!
このちゃちゃちゃって何?いやいやいや、みたいな感じ?
竜馬3

薩長同盟結んだくらいだから実際にかなり魅力的な人だったんでしょうが
読んでると凄く坂本龍馬(三次元の本人)と話してみたいと思ってしまいます。
先ほども述べた歴史無知な私ですが、本作品をしっかりと読んでみて
この時代の作品やファンの方が多いのも何となく理解できました。
それぞれの目線で見たらさぞ面白いでしょう。うーん、とにかくこの時代って濃かったんですね。

忠実に史実を語る漫画もいいですが、このようにドラマチックに
とにかく楽しませてくれる本作品は素晴らしいと思います。

ちなみに龍馬と竜馬。
「龍」の「竜」は旧字体だそうで本名は「龍馬」なんですね。
へー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。