スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイテンション根性ERS

ハイテンション根性ERS(コンジャラーズ) (フラワーコミックス)ハイテンション根性ERS(コンジャラーズ) (フラワーコミックス)
(1995/03)
中村 かなこ

商品詳細を見る

根性ERS1
デビュー曲がちょっと話題になったけど、結局一発屋で終わってしまった
元アイドルクループのメンバー紅林やこ。
現在はピンで活動しているがエキストラ等の地味な仕事ばかりをこなしている。
それでも彼女はもう一度歌手として活動する為に、芸能界に身を置いていた。

そんなやこに一つの仕事が舞い込む。
それは深夜のバラエティ番組で、頑張った甲斐がありレギュラーを獲得。
共演者は愛知県では大人気のお笑いコンビ根性ERS(コンジャラーズ)で
彼らの東京進出一発目の番組となる。

が、ボケの木戸上嗣は無愛想でぶっきらぼうで第一印象は最悪。
逆にツッコミの高柳順平は以前からやこのファンだったそうで、
人当たりのいい好青年で一安心するやこ。

バラエティ番組ということで今までの仕事とは違い体を張らなければならず戸惑うやこ。
おまけにコンジャラーズのファンからも嫌がらせの手紙が大量に届く。
根性ERS
だけど熱い女、やこはそんなことではへこたれない。
木戸の叱咤激励やさりげない優しさと、順平のフォローと気遣いの中で
彼らに胸を張れるように、そしてもう一度歌手としてステージに立てるように
彼女は真っ直ぐに進んで行く。

学生時代に友人から貸してもらい面白かったのですが
その頃はこの作品の熱いテンションに付いていけずノリが合わないなーと思っていました。
不思議なものでどんな作品が読み返したくなるか分からないものですね。
以前はやこがコンビの両方から好かれるという設定が受付けなかったのですが
時間を経て今読んでみると・・・面白いじゃん!

芸能界にしがみ付いているけどプライドを捨てている訳ではなく、
夢の為に、他人の為に突っ走るやこの芯の強さは素敵です。
根性ERS3
大人が読んでもグっとくるセリフも出てきます。

やこは元歌手な訳ですが、歌う機会があればどんな場所でも堂々と歌い上げ
結構シビアな言葉を投げかけられたり、シリアスなシーンもあったりするのですが
卑屈になるということがないんです。
彼女の性格と同じで毎回ストーリーがサッパリと終わるので
読後はスッキリとした気分にさせてくれる作品です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。