スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サユリ

サユリ 1 (バーズコミックス)サユリ 1 (バーズコミックス)
(2010/09/24)
押切 蓮介

商品詳細を見る

主人公の神木則雄。中学生。
父の念願のマイホーム購入で中古だが広い一軒家に引っ越してくる。
家族構成は父、母、高校生の姉、小学生の弟、そして祖父と痴呆気味の祖母だ。

これからこの家で数々の思い出を作っていこうと期待していた初日。
しかし翌日父が急死する。死因は心筋梗塞だそうだがその形相は凄まじいものだった。

家族が落胆するなか、家の中では言い知れぬ恐怖がまんえいし出す。
サユリ1

ある日別のクラスの住田という女子が則雄に話しかけてくる。
普段は引かれるから言わないが、則雄から強い怨念を持った女が見えると告げる。
段々と恐怖に支配されおかしくなって行く家族を目の当たりにしている則雄は抵抗なくその言葉を信じる。

しかしその女の存在が何か分からない則雄。
怯える弟と一緒の部屋で寝ていると、夜中に弟は姿を消しそのまま行方不明に。
祖父も急に倒れ、心不全で急死してしまう。

心配して則雄の家を訪れた住田だが、則雄の行方不明になった弟の、
恐怖のどん底にいる念をキャッチしてしまい「私には何も出来ない」と諦めの言葉を残す。

そして姉は舌を噛み切り自殺。母は「疲れた」と首つり自殺をする。
絶望の奈落の底にいる則雄には正体の知れない女の高笑いが聞こえていた・・・。
サユリ2

ホラーでいえば珍しい設定ではありません。家とそこに残った怨念。
だけどストーリーに引きこまれてしまうのが押切クオリティ。
1巻は怨念にやられっぱなしな訳ですが、2巻からは生きる為に恐怖の存在への対抗が開始します。

押切先生は幽霊を信じていないらしいのですが、2巻はそんな彼が考える怨霊への対処法なんでしょう。
「祓って済ませるつもりはねえ」「やられ損でいいんか」。
というセリフが出てくるのですが悪霊とは言え元は人間。
結局は人と人。そこに存在する強い思いが伝わって来ます。
こういう真の強いキャラが魅力的で押切漫画は止められません。
全2巻なので是非手に取ってみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チロリアン2世

Author:チロリアン2世
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。